中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

2018北京モーターショー、105車種が世界初公開
2018-04-25 15:56:15   From:cri   コメント:0 クリック:

 2018(第15回)北京モーターショーが25日、北京で開幕しました。世界の14の国と地域から1200社あまりの企業が参加し、世界初公開となる105台の車種を含む計1022台を展示しています。

 今回のモーターショーは「新しいカーライフの定義」をテーマに、乗用車や商用車、ラグジュアリーな改装車、部品、エコカーなどを展示しています。そのうち、64台のコンセプトカーと174台のエコカーが含まれています。

 今回モーターショーに出展した海外ブランドには、フォルクスワーゲン、シュコダ、フォード、リンカーン、トヨタ、レクサス、日産、インフィニティ、現代(ヒュンダイ)などがあります。また、ポルシェやランボルギーニ、ベントレー、ロールスロイス、マセラティ、マクラーレンなどのラグジュアリーブランドもそろって出展しました。

 電気自動車(EV)については、テスラやデンザ(騰世)、長江などのブランドが装いも新たに登場するほか、威馬(Weltmeister)や蔚来(NextEV)、Roadstar.ai、奇点、Polestarなど、車製造の新興勢力もお目見えしました。

熱に関連する単語の検索:北京 世界

前の記事:VW、2022年までに中国でのEV開発に150億ユーロ投資
次の記事:米金利上昇、債券損など世界に影響 円安は日本企業にプラス

分享到: 收藏