中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

コメ兵、北京に海外1号店 ブランド品需要狙う
2018-10-02 13:38:00   From:朝日新聞   コメント:0 クリック:

写真・図版

コメ兵の海外1号店「LuxStory」の開業時の様子(コメ兵提供)

 

 中古販売のコメ兵名古屋市)は、中国・北京に一般客を対象にした海外1号店を9月末に開いた。高額なブランド品を買い取り、中古販売する。

 北京中心部の路面店で宝石やブランドバッグなど1千点を扱う。売り場面積は414平方メートル。主な客層は、買い取りが40代以上の富裕層、販売がブランド品に関心を持つ20代以上の女性を想定している。中国は人口が増え、ブランド品の需要が高いことから出店を決めた。「日本の高品質の店作りや接客でリユース文化の定着を目指したい」(広報)という。

 コメ兵は2017年6月、北京で現地企業と合弁会社を設立して出店準備を進めてきた。今年6月にはタイの大手財閥と合弁会社をつくり、今後はバンコクへの出店を目指す。

熱に関連する単語の検索:北京

前の記事:国際貿易体系の改善へ各国間で協力を=IMF総裁
次の記事:川崎重工、主力の「Ninja」「Z」に入門機

分享到: 收藏