中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

IT企業の時価総額ランキング 中米がリード
2018-10-11 11:26:39   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

 

   世界最大規模で最も価値のある会社と言えば、多くの人が本能的にIT企業を思い浮かべるだろう。インターネットの発展により、多くのIT企業がその巨大な市場シェアと伝統を覆す能力で有名になった。

 

 上場会社の時価総額はこれらの大手IT企業の価値を判断する最も直接的な基準である。フォーブス誌が発表した時価総額ランキングには、米国と中国から多くの企業がランクインした。時価総額が1000億ドルを超える企業も多い。

 

以下は、2018年10月時点の世界の時価総額が高いIT企業トップ10である。

 

アップル:1兆1000億ドル

アマゾン:9620億ドル

マイクロソフト:8830億ドル

アルファベット:8390億ドル

フェイスブック:4600億ドル

アリババ:4120億ドル

テンセント:3830億ドル

サムスン電子:2970億ドル

シスコシステムズ:2240億ドル

インテル:2220億ドル

 

 アップルは世界で初めて時価総額が1兆ドルの大台を突破した、時価総額が世界最大のIT企業である。以下の図を見ると、世界トップ50の時価総額と業種の分布状況がわかる。

 

 一見すると、オンライン小売業とメディア業の分布は実際よりバランスが取れているように感じるが、北米のオンライン小売市場において、アマゾンは圧倒的シェアを握り、他のライバルがトップ50入りするのは難しい状態である。

 

 現在の市場構造は比較的安定しているが、その状況はすぐに変化し、アリババのような中国の大手企業が成長し続けることが予想される。5Gネットワークの到来も新たな市場リーダーを形成する可能性がある。報告は、独占禁止監督管理も一部の企業に致命的な影響を与える可能性があるとした。

 

熱に関連する単語の検索:IT企業の時価総額

前の記事:米百貨店経営シアーズ、破産申請を検討 欧米報道
次の記事:自由貿易協定が経済貿易の往来を促進 中国スイス関係の発展が加速期に入る

分享到: 收藏