中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

自工会と中国汽車工業協会、自動運転で連携
2018-10-12 12:57:48   From:日経   コメント:0 クリック:

本自動車工業会と中国汽車工業協会は自動運転の技術開発で連携することを決めた。東京都内で12日に開催された「自動運転に関する日中官民合同セミナー」で両者が覚書を結んだ。定期的な技術交流のほか、自動運転の国際標準づくりで連携することを柱とする。

自工会は2020年までに高速道路で原則的には人が運転に関与しない「レベル3」の自動運転の実現を目指している。同年には東京五輪に関連した大規模な実証実験も計画する。

中国は世界最大の自動車市場であり、自動運転に必要な大量の走行データがある。既に中国汽車工業協会は国内外の車メーカーや通信、電子などの企業とデータの有効活用に向けたプロジェクトを立ち上げている。自工会は中国汽車工業協会との連携で、日本勢が進める自動運転の技術開発にも役立てたい考え。

熱に関連する単語の検索:中国 工会

前の記事:中国9月対米輸入、1年9カ月ぶり減少 追加関税響く
次の記事:シンガポール、金融引き締め 2回連続 7~9月GDP2.6%増

分享到: 收藏