中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

中国の昨年末時点のネチズン数5億を突破
2012-01-17 14:58:12   From:   コメント:0 クリック:

【新華社北京1月17日】2011年12月末までに中国のインターネット・ユーザー(ネチズン)数が5億を超えた。中国インターネット情報セ...
 【新華社北京1月17日】2011年12月末までに中国のインターネット・ユーザー(ネチズン)数が5億を超えた。中国インターネット情報センター(CNNIC)が16日「中国のインターネットの発展状況に関する第29回統計報告」を発表して明らかにした。インターネットの普及率は2010年より4ポイント上昇し、ウェブサイト数は昨年下半期に下げ止まり、急速に増えている。

   統計報告によると、2011年12月末時点の中国のネチズンは5億1300万で、年間で5580万増加した。インターネットの普及率は前年末と比べて4ポイント上昇し、38・3%に達した。携帯電話ネチズンは前年比17・5%増の3億5600万で、ネチズンの規模は安定期を迎えた。

   専門家は次のように考えを示した。ネチズンの数は増えているが、過去5年間にネチズンの数を増やすことに貢献してきた年齢層をみると、インターネット普及率はまもなく頂点に達する見込みで、そのほかの年齢層と学歴層が若年層や高学歴層のレベルに達することは難しいので、ネチズンの伸びは鈍化する。

   注目すべき点は、2011年末までに中国のウェブサイトの数が前年同期比20%増の229万6000カ所に達したこと。ウェブサイトの数は1年あまりにわたって減少していたが、2011年の下半期に入ってから確実に増加する傾向を示しており、新しい成長期を迎えるとみられている。2011年末の「CN」ドメインの登録数も353万に達し、前年より2万6000あまり増えた。 

熱に関連する単語の検索:中国 ネチズン数5億

前の記事:科学知識普及に関する昨年の10大事件
次の記事:中国の民間企業が海外投資の新たな道を模索

分享到: 收藏